弁護士紹介

小山 治郎(こやま じろう)

名前 小山 治郎(こやま じろう)
出身地 神奈川県
資格・経歴 神奈川県立湘南高校卒業
公認会計士
修習地 横浜
主な取扱分野 企業倒産・企業再生、債務整理、離婚、刑事事件
趣味 山登り、読書

私は弁護士としては、少し異色な経歴を有していると思います。まず、最終学歴は定時制高校卒業であります。高校卒業後いろいろな仕事をしてきました。その後独学で公認会計士の資格をとり、監査法人に就職しました。監査の仕事をしながら法律に興味をもち、一生懸命勉強して弁護士の資格を取りました。

いろんな仕事に携わったことは弁護士の業務に非常に役立っています。依頼者の方々は問題や悩みを抱えて法律事務所に来られます。その問題や悩みを理解するにはその方の立場になって考える必要があります。その際過去のいろいろな経験は非常に役立つのです。

弁護士の仕事はトラブルの適切な処理ですので、ストレスがたまることもあります。私のストレス解消法は山登りです。神奈川県の山はほとんど全て登りましたが、好きな山は、塔の岳、明神ケ岳、金時山です。また妻と一緒に行くときは、鎌倉天園ハイキングコースが定番となっています。

私は、山登りでいつまでも健康を維持し、依頼者の方々のために尽くせれば本望だと思います。

新井 裕子 (あらい ひろこ)

名前 新井 裕子 (あらい ひろこ)
出身地 さいたま市中央区
資格・経歴 豊島岡女子学園高校卒業
東京大学法学部卒業
明治大学法科大学院修了
県外の法律事務所に勤務後、当事務所に入所
修習地 長崎
主な取扱分野 交通事故、離婚、労働事件、債務整理
趣味 イラスト(学生時代は漫研でした)、ヨガ

初めまして、新井と申します。

弁護士に相談にいらっしゃる方は、どの方もそれぞれ不安を抱え、苦しんでおられます。私は、そういった不安を少しでも軽くし、肩から重い荷を下ろしたように晴れやかな気持ちになって頂きたい、その思いで日々事件に取り組んでいます。中には「法律なんて自分には関係ない」「こんな話でも聞いてくれるの?」とお思いの方もおられるかもしれませんが、法律問題は意外と身近なもの。あなたのその不安も、法律で解決のお手伝いができるかもしれません。

ぜひ、あなたのお話を聞かせてください。一緒に考えていきましょう。

五明 豊(ごみょう ゆたか)

名前 五明 豊(ごみょう ゆたか)
出身地 東京都世田谷区
資格・経歴 都立駒場高校卒業
上智大学法学部法律学科卒業
同大学法科大学院修了
修習地 千葉
主な取扱分野 不動産問題、中小企業法務
趣味 趣味 スポーツ、散歩、読書、文房具、ファッション、お酒、飲食店の開拓、ダーツ

実家が不動産業を営んでいることもありまして、不動産問題に関しては積極的に取り組んでいます。不動産は誰も知っていますが、深く理解するには大変であり、非常に専門的です。事務所内外の勉強会や、書籍、セミナーに参加して、日々研鑽を積んでおります。

また、中小企業関係のご相談やご依頼を受けている内に、中小企業法務に知的好奇心を感じ、こちらも積極的に研鑽を積んでおります。

最近はジムで身体を動かして体力をつけるようにし、通勤中や移動中に読書や耳学をしています。

業務において大切にしていますのは、依頼者の方との打ち合わせです。打合せを通して、事件の真相や依頼者の方のお気持ちを察し、適切なアドバイスをして、その不安を除去できればと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

狩野 直哉 (かのう なおや)

名前 狩野 直哉 (かのう なおや)
出身地 神奈川県藤沢市
資格・経歴 神奈川県立湘南高校卒業
早稲田大学法学部卒業
慶應義塾大学法科大学院修了
小山法律事務所に入所
修習地 横浜
弁護士会活動 神奈川県弁護士会刑事弁護センター運営委員会
神奈川県弁護士会川崎支部幹事(2017年~)
神奈川県弁護士会川崎支部成年後見等対策委員会
主な取扱分野 成年後見・財産管理業務、家事事件(遺産分割、離婚など)
刑事事件
債務整理(法人も含む)
その他一般民事事件
趣味 大相撲観戦、読書、ジョギング等ゆるい運動(たまに走る程度ですが・・・)

私は弁護士登録をしてからずっと事務所のある川崎市で業務を行っております。地域の方々など、いろいろな方々の支えがあり、業務を続けることができております。私の業務内容を少し紹介致します。

まず、主な取扱分野である成年後見業務では、他人の財産を管理する責任の重さを感じています。また、ご本人の人生に関わらせていただいている面もあるため、特に身を引き締めて業務にあたっております。成年後見業務を通じて得た様々な経験は他の案件(特に家事関係事件)の解決に役立っていると感じています。

次に、刑事事件についても力を入れております。神奈川県弁護士会刑事弁護センター運営委員会に所属し、委員会に参加するなどして日々研鑽をしております。

この他にも様々な案件を取り扱っています。皆様が悩んでいること、そこまでいかずとも法律について「少し気になっていること」がありましたら、ご相談いただければと思います。

齋藤 信子(さいとう のぶこ)

名前 齋藤 信子(さいとう のぶこ)
出身地 鹿児島県
資格・経歴 青山学院大学法務研究科修了
司法研修所入所(配属庁:横浜地方裁判所)
神奈川県弁護士会に弁護士登録
小山法律事務所入所
修習地 横浜
所属 神奈川県弁護士会人権擁護委員会
神奈川県弁護士会犯罪被害者支援委員会
LGBT支援法律家ネットワーク
同性婚人権救済弁護団

横浜市性的少数者支援懇談会委員(平成27年11月~平成29年3月)
著作・記事 〇「セクシュアル・マイノリティQ&A」 LGBT支援法律家ネットワーク出版プロジェクト編(共同執筆),弘文堂,平成28年
〇神奈川県弁護士会弁護士コラム「セクシュアルマイノリティの法律相談」,平成26年
講演等 〇青山学院大学地球社会共生学部「LGBTの教育機関における実務対応」,平成29年7月
〇第5回東京レインボートークショー「同性婚やLGBTに関する法律について考える」,平成29年5月
〇学校・教育法実務研究会「LGBTの教育機関における実務対応」,平成28年10月
〇全国司法書士協議会かながわ全国研修「セクシュアルマイノリティの人権と法律家の役割」,平成28年8月
〇第4回東京レインボートークショー「同性婚の法制化」,平成28年5月
〇レズビアンライフプランニング勉強会「パートナーシップ契約」,平成26年4月
主な取扱分野 ・民事、家事事件一般、離婚、交通事故
・債務整理、破産、民事再生
・借地・借家、不動産取引
・遺言、相続、財産管理、死後委任
・刑事事件
・企業法務、学校法務
趣味 スポーツ、旅行

出身は鹿児島で、現在は川崎で弁護士をしております。

趣味はスポーツをすることで、時間を見つけてフットサルやバスケットボールを楽しんでいます。

主な取扱い分野の他に、
・経営者からのご相談(従業員・取引先とのトラブル、就業規則の作成・点検、契約書の作成・点検)
・学校法人からのご相談
・犯罪被害者支援
・高齢者支援(成年後見等)
・LGBT※の方々に関わるご相談(パートナシップ契約、公正証書作成、パートナー間の相続、同性パートナーの離婚・パートナーシップ解消、パートナー間のトラブル(貸金・DV等)、トランスジェンダーの方に関する労働・離婚事件、その他のLGBTの方に関する事件等)
に支援団体と連携しながら取り組んでいます。

※LGBT=ゲイ・レズビアン(同性愛者)、バイセクシュアル、トランスジェンダー(性同一性障害を含む)の頭文字を取った言葉。性的少数者、性的マイノリティ、セクシュアルマイノリティ、SOGIという言葉と並んで使われている。

飯田 正伸(いいだ まさのぶ)

名前 飯田 正伸(いいだ まさのぶ)
出身地 滋賀県
資格・経歴 県内の法律事務所での勤務を経て、当事務所に入所
日本プロ野球選手会公認選手代理人登録弁護士
弁護士会活動 犯罪被害者支援委員会
主な取扱分野 相続・離婚等家事事件、犯罪被害者支援、破産・民事再生、交通事故
趣味 野球観戦、読書、飲食店めぐり

私は、以下の経歴のとおり、弁護士になるまで真っ直ぐの道を歩んできたわけではありません。

高校を中退し、大検(当時)をとって何とか大学の門をくぐることができました。大学時代は法律とは無縁の社会学・国際関係論を専攻しておりました。大学卒業後は一般企業に就職しましたが、より直接的に人のためになる仕事をしたいと思い、弁護士を志し、一念発起して法律の勉強を始めました。

人生をあきらめずにここまで来られたのは、お世話になった方々の支えがあったからであり、その恩返しのためにも、弁護士業に精進していきたいと思っています。

弁護士になってからは、依頼者の方に誠実に接すること、丁寧な仕事をすること、どんな事件でも手を抜かないことをモットーに業務に取り組んできました。
皆様の問題解決に向けて努力を惜しまないつもりですので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

粟村 唯子(あわむら ゆいこ)

名前 粟村 唯子(あわむら ゆいこ)
出身地 神奈川県川崎市
資格・経歴 川崎市内の公立小・中学校卒業
神奈川県立多摩高等学校卒業
明治大学法学部卒業
横浜国立大学法科大学院卒業
神奈川県内の法律事務所に勤務した後、当事務所に入所
修習地 横浜
弁護士会活動 高齢者・障害者の権利に関する委員会
刑事弁護センター運営委員会
主な取扱分野 相続、離婚、マンション管理等を含む一般民事事件、企業法務、刑事事件
趣味 食べ歩き、囲碁、日曜大工、筋トレ

私は、川崎に生まれ、川崎で育ちました。弁護士として地元川崎の皆様を応援できることを、とても嬉しく思っています。

弁護士の仕事を続けていて思うのは、当然のことながら、一つとして同じ事件はなく、それぞれ依頼者のご希望も対応方法も違うということです。丁寧にご事情を伺い、打ち合わせを重ねて事件を進めていくことをモットーとしています。

どのようなことでも、まずはお聞かせください。

ページの先頭へ戻る